脱皮しない蛇は死ぬ

「脱皮しない蛇は死ぬ」 ── これはニーチェ(ドイツの哲学者)の言葉です。

脱皮するということは、古い自分を脱ぎ捨てて新しい自分に生まれ変わるということです。
それは新陳代謝であり成長です。 

もしそれを拒むなら、待っているのは「停滞」そして「死」ということになるでしょう。

── 「脱皮しない蛇は死ぬ」のですから。

同じように、人も組織も生きていくために脱皮することが求められる時があります。
いつまでも今のままの自分(たち)に安住しているだけではダメなのです。

「停滞」や「死」から逃れるために、古いものを捨て新しいものを得るべきタイミングが必ずやって来るのです。

その時は、恐れずに変化を受け入れましょう。古い自分を手放し、新しい自分を歓迎しましょう。もしそれが怖いと感じるのなら、この言葉を思い出して勇気を持ちましょう。

── 「脱皮しない蛇は死ぬ」

私たちは、生きるために何度も生まれ変わっていく必要があるのです。

▼関連記事
 変化を恐れる人間の心理とは?
現状維持バイアス

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録