あなたにとって”仕事”とは何か?
〜労働?キャリア?天職?

あなたにとって”仕事”とは何でしょうか? ──

これは結構大切な問いです。 自分が仕事というものをどうとらえているかによって、その後の職業人生が大きく変わってくるからです。

……人は仕事というものを次の三つのどれか一つとしてとらえているといいます。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

仕事とは「労働」だとする人たち

仕事を「労働」とみなす人たちは、生計を立てるために不可欠なものとして仕事をとらえています。彼らが働くのは、労働の対価であるお金のためであり、それは生活のためだったり、仕事以外の時間を楽しむためのものです。

「労働」は基本的に退屈なものであり、働くことを苦役とさえ感じているかもしれません。 それでもお金のためにやらなければならないのが仕事と言うわけです。

「仕事の報酬=我慢の対価」という感じでしょうか。

もちろん全員ではありませんが、日雇い労働者的な仕事観といっても良いのかも知れません。

きっと、こうでも考えないとやってられないような仕事もあるでしょう。しかし、ずっとこの考え方で仕事をしていると、労働意欲が萎えてしまいかねません。そうなると、より良い仕事に巡り合う可能性も低くなっていってしまい、自分がどんどん苦しくなってしまう可能性も高くなります。

仕事とは「キャリア」だとする人たち

仕事を「キャリア」とみなす人たちは、自分を成長させてくれるものとして仕事をとらえています。そして、それによってもっと多くのお金や地位や特権を獲得していくことを期待しています。つまり、彼らにとって「仕事」はより多くの何かを獲得したり、何かを達成するための手段です。

わかりやすい例でいうと、外資系企業のビジネスマンなどに多い仕事観でしょうか。

この人たちにとって、仕事は自分の将来にプラスになるかどうかが大事です。成長できる、可能性が広がる、など自分にとってプラスに働く可能性が高い仕事ならやるでしょうし、そうでなければやらないわけです。

もちろん、こうした価値観で仕事をするためには、仕事を自分で選べるだけの「何か」を持っていなければ難しいかもしれません。それは「スキル」や「覚悟」といったものです。

しかし、仕事を「キャリア」としてとらえ、賢くキャリアアップを重ねていけば、次々とより良い仕事に巡り合うことができるようになるはずです。

仕事とは「天職」だとする人たち

仕事を「天職」とみなす人たちは、自分の仕事そのものに充実感や意義を感じながら働いています。したがって、彼らは働くこと自体が目的です。心から楽しいと思えるから働いているわけです。働くことで内的な満足感を得ているのです。

NPOやボランティア団体などで社会貢献をする人たちや、職人など自分の個性を発揮して仕事をする人たちに多い仕事観と言えそうです。

天職に出合うことができた人は幸せな人です。しかし、天職というものは探してもなかなか見つかりません。やってみなければわからないという側面が強いでしょう。

したがって、あまり強く天職にこだわり過ぎると、かえって自分の職業人生を狭めてしまうこともあるので注意も必要です。

また、天職にこだわり過ぎるあまり、「低賃金・長時間労働」の仕事をずっと続けて、いつの間にか自分の心も体もボロボロなんてこともあるので注意しましょう……。

あなたはどれ?

あなたは”仕事”をどうとらえているでしょうか?
この三つならどれにもっとも近かったでしょうか?

ちなみに、私は仕事を「キャリア」と「天職」のちょうど中間ぐらいの感覚で仕事をとらえています。若いうちは単なるアルバイトや労働者のような働き方もたくさんしていましたが、今ではそうした仕事は一切やりません。

別にどれが正しいということではありません。仕事観には人それぞれのスタイルがあって良いのです。

しかし、私はフリーランスとして独立して、「労働」的な価値観の仕事を一切しなくなってからだいぶ楽に働けるようになりました(もちろんそうすると最初は金銭的に厳しくなりますが……)。

もしかしたら、今の仕事に不満があるのなら、自分の持つ仕事観と今の仕事が合っていないのかもしれません。

例えば、仕事を「キャリア」ととらえていて、本当はもっとステップアップしていきたいのに、毎日ただマニュアルをこなすような仕事をしていては、自分の望みはなかなか叶えられません。
また、頑張ればキャリアップしていけるようなエリートコースに乗っていても、本当は仕事に「天職」を求めているのなら、現在の仕事に疲弊していくばかりになってしまうでしょう。

自分の仕事観に合った職業選択をしよう

このように、自分の持つ仕事観と現在の仕事が合っていないと、仕事にやりがいを感じられなくなってしまいます。
……その仕事が不毛だと感じてしまうからです。

そうならないためにも、まずは「自分にとって仕事とは何か?」をハッキリさせておきましょう。 そして、それにふさわしい仕事を選びましょう。

それがうまく合致すれば、今よりもっと仕事を楽しく一生懸命やれるはずです。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録