意志力
モチベーションアップの法則

意志力について知っておくべき4つのポイント

ダイエットや禁煙をはじめ、何かの目標を達成するためには努力が必要です。そして、その努力を支えるのが意志の力、つまり”意志力”です。 意志力によって、目標の達成に必要な努力を積み重ねて行くわけです。

意志力とは、一言で言うと「誘惑に負けず、自分をコントロールする力」のことです。

この”意志力”をうまく使えるかどうかが、その人の人生を大きく左右します。
勉強も仕事も、人間関係や生活習慣に至るまで、意志力の影響力は非常に大きいからです。

もし意志力が弱ければ、勉強や仕事もすぐに放り出してしまい、なかなか成果が上がらないでしょう。
また、人間関係や生活習慣においても、嫌なことが我慢できず楽な方にばかり流されていては、どんどん乱れたものになってしまう恐れがあります。

とはいえ、私たちは意志力ということについて、あまり正しい知識を持っていません。 せいぜい「意志力=気合と根性」といった、古臭い考え方くらいしか持ち合わせていないかもしれません。

ここでは、人生を左右しかねないほど重要な”意志力”というものについて詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

意志力は筋肉に似ている

”意志力”は”筋肉”に似ている ──
よくそう言われます。

なぜなら、意志力も筋肉も同じような特徴を持っているからです。具体的には次の3つです。

意志力は使えば消耗する

私たちは普段、こうした意志力の特性を気にしていないために、意志力を無駄なことにどんどん浪費してしまっています。すると、「使えば消耗する」という意志力の特徴から、肝心なところでエネルギー不足になってしまうわけです。

例えば、満員電車での通勤は大きなストレスになりますから、それを我慢するためにはたくさんの意志力を消費します。 会社に着く頃には、すでに自分の意志力の大半を浪費してしまっていて、精神的にはヘトヘトになっているかもしれません。
また、他人の愚痴を聞いたり、理不尽な仕事をしたり、甘いものを我慢していたりして、どんどん消耗しているかもしれません。

意志力がエネルギー不足になると、自分を律することが難しくなります。集中力は途切れがちになり、「もう自分を律するの疲れた〜」という状態になってしまいます。ダイエット中の人だったら、つい甘いものを食べてしまうかもしれません。

私たちは、できるだけ意志力の無駄遣いを避け、積極的に休憩して意志力の回復に努める必要があります。 そうすれば、本当に必要な所で意志力を発揮することができるようになります。

意志力の無駄遣い

自分が普段どれだけ意志力を無駄遣いしているか、一度考えてみると良いでしょう。

大抵、良い人ほど意志力を自分以外の人のために使っているはずです。もしそれで疲弊しているのなら、良い人をやめる決心をすれば楽になるかもしれません。

また、タバコやギャンブル、スマホなどに依存している人は、毎日それを我慢する時間だけで意志力を消耗しきってしまっているかもしれません。

仕事や人間関係、日常生活でストレスを感じている場面があれば、そうした時間をできるだけ少なくして、リラックスできる時間を増やす努力をしてみましょう。

もしかしたら、ダイエットや禁煙ができない理由は「意志が弱い」からではなく「意志力を無駄遣いしていた」からかもしれません。

意志力を鍛える

意志力は筋肉と似ていますから、鍛えて強くすることもできます。 意志力を鍛えるためには、2つの方法があります。

「やる力」を強化

何かを毎日継続して行う。週に2回ウォーキングをする、毎日5分瞑想する、など 。それまでやっていなかった新たな行動を意志力で継続していきます。

「やらない力」を強化

汚い言葉を使わない、座っている時に足を組まない、など。それまでやっていたことを意志力で抑制していきます。

いきなり自分の意志力の限界を大きく超えるようなチャレンジをすると挫折してしまう可能性が高くなります。まずは小さな取り組みを繰り返していくことで、意志力を鍛えていくのが有効です。

まとめ

ここで紹介した意志力に関するポイントを4つ、改めてまとめると次のようになります。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してますmore→

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録