5分で読める
「人を動かす/D・カーネギー」の原則まとめ

自己啓発本の原点とも言われている世界的名著「人を動かす/D・カーネギー」。そこに掲載されている「人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則」をザックリまとめました。

この本は、1937年に初版が発行されたといいますが、正直その内容は今も全く色あせていません。人間のことに関しては、時代を超えて、その本質はいつまでも変わらないということなのでしょう。

人を動かす三原則

①盗人にも五分の理を認める
人を非難するかわりに、相手を理解するように努めようではないか。およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということをよく心得ておかねばならない。

②重要感を持たせる
人間の持つ性情のうちで最も強いものは、他人に認められることを渇望する気持である。

③人の立場に身を置く
成功に秘訣というものがあるとすれば、それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立場からも物事を見ることのできる能力である。

スポンサーリンク

人に好かれる六原則

①誠実な関心を寄せる
われわれは、自分に関心を寄せてくれる人々に関心を寄せる。

②笑顔を忘れない
笑顔など見せる気にならない時は、どうすればよいか。方法は二つある。まず第一は、無理にでも笑ってみることだ。ひとりでいる時なら、口笛を吹いたり、鼻うたを歌ったりしてみる。幸福でたまらないようなふうにふるまうのである。すると、ほんとうに幸福な気持になるから妙だ。

③名前を覚える
人に好かれるいちばん簡単で、わかりきった、しかもいちばんたいせつな方法は、相手の名前を覚え、相手に重要感を持たせることだ。

④聞き手にまわる
あなたの話し相手は、あなたのことに対して持つ興味の百倍もの興味を、自分自身のことに対して持っているのである。中国で百万人の餓死する大飢饉が起っても、当人にとっては、自分の歯痛のほうがはるかに重大な事件なのだ。腹を立てている客、不平を抱いている雇い主、傷心の友など、みな聞き手を欲しがっているのである。

⑤関心のありかを見抜く
人の心をとらえる近道は、相手がもっとも深い関心を持っている問題を話題にすることだ。相手自身のことや、得意にしていることを話させるように仕むけるのだ。

⑥心からほめる
小さいながらも、自分の世界では自分が重要な存在だと感じたいのだ。

スポンサーリンク

人を説得する十二原則

①議論を避ける
議論に負けても、その人の意見は変らない。

②誤りを指摘しない
相手のまちがいを頭からきめつけるやり方は、効果がないどころか、結局は、相手の自尊心を傷つけ、みんなからも敬遠されて、話し合いもできなくなるのがオチ。

③誤りを認める
すみやかに自分の誤りをこころよく認めることにしよう。この方法には予期以上の効果がある。そのうえ、苦しいいいわけをするよりも、このほうが、よほど愉快な気持ちになれる。

④穏やかに話す
相手の心が反抗と憎悪に満ちている時は、いかに理を尽しても説得することはできない。しかし、やさしい打ちとけた態度で話しあえば、相手の心を変えることもできる。

⑤〝イエス〟と答えられる問題を選ぶ
人と話すときに、意見の異なる問題をはじめに取りあげてはならない。まず、意見が一致している問題からはじめ、それを絶えず強調しながら話を進める。互いに同一の目的に向って努力しているのだということを、相手に理解させるようにし、違いはただその方法だけだと強調するのである。

⑥しゃべらせる
相手を説得しようとして、自分ばかりしゃべる人がいる。相手に十分しゃべらせるのだ。相手のいうことに異議をはさみたくなっても、我慢しなくてはいけない。相手がいいたいことをまだ持っているかぎり、こちらが何をいってもむだだ。友達同士の間柄でも、相手の自慢話を聞くよりも、自分の手柄話を聞かせたいものなのだ。

⑦思いつかせる
つまり、彼が自主的にそれを考えついたと思わせるようにすることだ。

⑧人の身になる
他人にものを頼もうとするときには、まず、目を閉じて、相手の立場から物ごとをよく考えてみようではないか。「どうすれば、相手はそれをやりたくなるだろうか」と考えてみるのだ。

⑨同情を寄せる
われわれが交渉を持つ相手の四分の三は、みな同情に飢えている。それを与えてやるのだ。好かれることは請けあいである。口論や悪感情を消滅させ、相手に善意を持たせて、あなたのいうことを、おとなしく聞かせる魔法の文句を披露しようーー 「あなたがそう思うのは、もっともです。もしわたしがあなただったら、やはり、そう思うでしょう」。こういって話をはじめるのだ。

⑩美しい心情に呼びかける
人間はだれでも理想主義的な傾向を持ち、自分の行為については、美しく潤色された理由をつけたがる。そこで、相手の考えを変えるには、この美しい理由をつけたがる気持ちに訴えるのが有効だ。人をごまかすような人間でも、相手に心から信頼され、正直で公正な人物として扱われると、なかなか不正なことはできないものなのだ。

⑪演出を考える
現代は演出の時代である。単に事実を述べるだけでは十分ではない。事実に動きを与え、興味をそえて演出しなければならない。

⑫対抗意識を刺激する
優位を占めたいという欲求、対抗意識、負けじ魂、男の気迫に訴えるのだ。

スポンサーリンク

人を変える九原則

①まずほめる
われわれは、ほめられたあとでは、苦言もたいして苦く感じないものだ。

②遠まわしに注意を与える
遠まわしに注意を与える方法は、直接批判されることに強く反発する神経質な人たちには、おどろくほど効果がある。

③自分の過ちを話す
人に小言をいう場合、謙虚な態度で、自分は決して完全ではなく、よく失敗をするがと前置きをして、それから相手の間違いを注意してやると、相手はそれほど不愉快な思いをせずにすむものだ。

④命令をしない
命令を質問のかたちに変えると、気持よく受け入れられるばかりか、相手に創造性を発揮させることもある。命令が出される過程に何らかの形で参画すれば、だれでもその命令を守る気になる。

⑤顔をつぶさない
たとえ自分が正しく、相手が絶対にまちがっていても、その顔をつぶすことは、相手の自尊心を傷つけるだけに終る。相手の人間としての尊厳を傷つけることは犯罪なのだ。

⑥わずかなことでもほめる
たとえ少しでも相手が進歩を示せば、心からほめようではないか。それに力を得て、相手はますます進歩向上するだろう。

⑦期待をかける
相手に美点を発揮させたければ、彼がその美点をそなえていることにして、公然とそのように扱ってやるがよい。良い評判を立ててやると、その人間はあなたの期待を裏切らないようにつとめるだろう。

⑧激励する
大いに元気づけて、やりさえすれば容易にやれると思い込ませ、そして、相手の能力をこちらは信じているのだと知らせてやるのだ。そうすれば相手は、自分の優秀さを示そうと懸命にがんばる。

⑨喜んで協力させる
「今日からあなたを当店全部の正札係りの主任になってもらうことにしました」新しい責任と肩書きを与えられたこの女店員の仕事ぶりはガラリと変り、自分の任務を完全に遂行するようになった。

まとめ

これらの原則には、人と関わっていく上で大切にすべきことが全て網羅されています。
繰り返し何度でも確認していきたいものです。

もっと詳しく知りたい人はぜひ書籍も読んでみてください。
人を動かす/D・カーネギー

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録