無知の知
モチベーションアップの法則

「無知の知」の意味とは
【ざっくり1分解説】

「無知の知」は、古代ギリシャの哲学者ソクラテスが唱えた概念。 「自分が無知であることを知っている」という意味です。

英語で言うと次のようになります。
I know that I know nothing.
(私は、私が何も知らないということを知っている)

要するに「自分がいかに何もわかっていないかを自覚せよ」ということです。 そうした謙虚な姿勢を持ち続けることが大事だよ、と言っているわけです。

なぜなら、知った気になった時点で、知的好奇心は衰え、物事に対する探求が終わってしまうからです。 そうなると、成長は止まり、新しいものやアイデアを拒絶するようになり、保身に走るようになってしまいます。 

きっと、誰にだってこんな経験があるはずです。

(人間は誰だってそうなりやすいものです。)

そうした姿勢は、自身の成長を止めてしまいます。 謙虚に学び成長しようとする姿勢から、偏見と保身でがんじがらめになる姿勢へと、自分を変えてしまうのです。

しかし、自分の「無知」を素直に受け入れ、「無知の知」を知れば、他人に心を開き、新しいアイデアを受け入れることができるようになります。
純粋な好奇心が芽生え、健やかな自己成長に繋がっていきます。 

一流の人は無知の知を知っている

技を極めた職人など、その道の第一人者の人が「自分はまだ〇〇(自分の専門領域)について何も知らない」と言っているのを何度も聞いたことがあります。
彼らは、「無知の知」を知っているということなのでしょう。

職人でも、プロスポーツ選手でも、何かしらの道を極めようとするのであれば、この姿勢を忘れてはいけません。「無知の知」を忘れたらもう引退すべきかも知れません。
探究心のない人はプロフェッショナルとして成功しませんし、その探究心の源泉こそ「無知の知」だからです。

こうしたことから、「無知の知」という言葉を座右の銘にしている人も少なくないといいます。

特に、物事がうまくいっている時や人から褒められた時、同じことを繰り返して慢心してきた時に、思い出したい言葉です。

定期的にこのように、ソクラテスに”喝”を入れてもらいたいくらいです……。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してますmore→

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録