モチベーションのスイッチを入れる!5分だけやる作戦
モチベーションアップの法則

モチベーションのスイッチを入れる!5分だけやる作戦

動いてみるモチベーションが下がっているときは、あれこれ考えてしまいなかなか行動に移れないものですが、何も考えずにまずはやり始めてしまう、というのもモチベーションを上げるための有効な手段です。

これは「モチベーションが上がらないからやらない」のではなく、「やらないからモチベーションが上がらない」と考えるということ。

取り組んでみるからこそモチベーションが上がる

「取り組んでみるからこそモチベーションが上がる」ということは結構多いものです。

これは、自動車も自転車も、人が歩くのも全て最初の一歩、動き出しが最も力を必要とするのと同じ原理。動き始めてしまえば、その勢いを利用して少ないパワーでもより多く進むことができるようになるものです。

例えば、気になっていたものの面倒くさくて放っておいたレンジ周り油汚れ。重い腰を上げてやり始めたらピカピカに磨いてしまった。
ダイエットのために運動しなくてはいけないと思っているものの、なかなか実際にはできなかったが、意を決してジョギングをしたら走りすぎてしまった。

こんなことはきっと誰もがあるはずです。何事もスタートが最もパワーを必要とし、そこでモチベーションが下がってしまうことは自然なこと。

だからこそ、行動に移れずにモチベーションが下がっているのなら、「まず何も考えずにやってみる」のは有効な手段です。

5分だけやる作戦

「どうしてもやる気が出ない」「先延ばししてしまう」という場合には「5分だけやる作戦」を実行してみましょう。

これは、何はともあれまずは5分間だけ集中してやってみる、というものです。
できればストップウォッチなどを利用して、その5分間だけはひとまず他のことに気を取られないように頑張ってみましょう。

5分間だけならモチベーションが下がっているときでも頑張ることができるはずです。

5分間集中してみて、なおどうしてもモチベーションが上がらなければ、その作業は一旦やめておいたほうがいいでしょう。
これ以上無理してやろうとしても、今はモチベーションが上がらない可能性が高いからです。

これは、最もスイッチの入りにくい最初の5分間強制的に集中することで、勢いをつけていこうというものです。

これは簡単な仕組みですが、結構有効なのでぜひ試してみてください。

>モチベーションを上げる方法へ戻る

↑top