アンダーマイニング効果
モチベーションアップの法則

アンダーマイニング効果

内発的に動機づけられた行為に対して、報酬を与えるなど外発的動機づけを行うことによって、動機づけが低減する現象。 過正当化効果ともよばれる。

金銭など外的な報酬を求めずに自ら進んで行った行為、例えばボランティア活動や何かのゲームに取り組んだことなどを想像してみてください。
例えば「お年寄りに親切にする」「近所の道路を掃除する」「道路の雪かきをする」などでもいいですし、「何かのテレビゲーム」でもいいでしょう。
これらの行為は金銭などの外的報酬を求めずに、「役に立ってうれしい」や「達成したい」という内発的動機付けによって行動しているはずです。

しかし、ある日突然それらの行為に対して金銭などの報酬をもらえるようになったとします。「道路の掃除をしたら2,000円もらえる」「そのゲームをやったら2,000円もらえる」などです。
そうすると途端に、そもそも金銭などの外的報酬を求めて行動していなかったにも関わらず、外的報酬をもらわないとその行為をしたくなくなってしまいます。

無意識のうちにその行為に対して求める対価(価値)が置き換わってしまったわけです。人の役に立つ満足感や達成感などが得られるから行動していたのに、金銭を得るための行動に変わってしまったわけです。だから金銭が得られないなら行動する意味が無いと無意識に判断しているのです。

人の意欲は二種類

人の意欲には大きく分けて二種類あります。一つは「外発的モチベーション」。頑張ることで物質的な報酬や評価を得ようとする意欲。もう一つは「内発的モチベーション」。これはやっている仕事や遊びの内容自体に面白さや充実感などを感じて頑張ろうとする意欲です。

一般的に内発的モチベーションのほうが集中力が高く良い結果を出すと言われます。
しかし、この内発的モチベーションはちょっとしたことがキッカケで、簡単に外発的モチベーションにシフトダウンしてしまうのです。

先ほどの例のように、にわかに物理的報酬を与えられると、今後はもう報酬なしで仕事するのがバカらしくなってしまいます。
一度報酬を得てしまうと、人は何のために行動しているのかがわかりにくくなってしまうのです。

頑張ったからお小遣いは逆効果?

この「アンダーマイニング効果」を考慮したうえで次のケースを考えてみましょう。

ある親子の話です。小学生の太郎君は学校でやった理科のある実験がとても面白くてそのことについて一生懸命調べました。それを見ていたお父さんは「珍しく太郎が勉強をあんなに頑張ってる。」と喜んでいました。
一生懸命な太郎君に対してお父さんは「よし太郎頑張ってるな。頑張ってるから小遣い1,000円あげるぞ!」と言って太郎君に1,000円をあげました。
もちろんお父さんに悪気はありません。良かれと思ってしたことです。
しかし、このケース結果的にどうなったでしょう。

「アンダーマイニング効果」を考えれば、太郎君はお小遣いをもらわないと勉強しなくなってしまったかもしれません。
もちろん必ずしもそうなるとは限りませんが、安易に外的報酬を与えることで内発的モチベーションが消えてしまう恐れがあることは確かのように思います。

内発的モチベーションに火がともったら、安易な外的報酬でそれを消さないように細心の注意が必要だということですね。

>モチベーション理論へ戻る

↑top