自己効力感
モチベーションアップの法則

自己効力感

自己効力感とは、「自分が行為の主体であると確信していること、自分の行為について自分がきちんと統制しているという信念、自分が外部からの要請にきちんと対応しているという確信」。自己に対する信頼感や有能感のことをいいます。
簡単に言うと、何かの行為に対して「自分はちゃんとできる、やれている」といった感じ(「自分ならできる」といったセルフイメージ)のことです。

自己効力感は、カナダ人の心理学者アルバート・バンデューラによって提唱されました。

この自己効力感は、人が行動を起こす際に影響を及ぼします。人が何か行動を起こそうとするときは、その行動を自分が「できそうか」を考えます。
そこで、「できそう」であれば行動を起こしますが、「できなそう」であればなかなか行動には移れません。

つまり、同じ事柄に対しても、自己効力感が高い人は「できそうだからやろう」と行動に移ることができるが、自己効力感の低い人は「できそうにない」と思ってやる気も出ず、なかなか行動に移ることができないという傾向があるわけです。

自己効力感が高い人と低い人

では、自己効力感についてもう少し具体的に考えてみましょう。
何か行動を起こそうと思ったとき、人はまず行動に対して自己効力感というフィルターを通して「できそうか?」を判断します。

例えば「今座っているイスから立ち上がる」行為に対してすら、「立ち上がることができない」と思えば立ち上がろうとはしないはずです。「自分は立ち上がることができる」と思っているからこそ、その行為を行うわけです。
こうした日々の簡単な行為から、あるいは人生をかけた大きなチャレンジまで自己効力感は影響を与えます。

この自己効力感が低くなると、「自分はきっとうまくできない」という気持ちが強くなり、やる気がなくなって行動を起こす気力もなくなっていきます。
「自分はきっと人とうまく人間関係が築けない」「自分はきっと仕事ができない人間だ」「どうせまた失敗する」などと低い自己効力感を持っているとやる気も起こらず、またそういった気持ちで臨むと結果もその通りになってしまうものです。

逆に、自己効力感の高い人は、「できそうだ!」と考えているため活動的で、ポジティブな気持ちで行動するので結果も良くなる確率が高まります。成功すればまた自己効力感が高まるので、やる気が出てくるといった正のスパイラルが発生しやすくなります。

つまり、自己効力感をいかに高めていくかが、モチベーションの向上から人生の成果までをも決めていく出発点といっても過言ではないでしょう。

自己効力感を高めるには

では、自己効力感を高めるにはどうすれば良いでしょうか。
自己効力感は、主に4つの源泉によって形成されると言われており、それらにプラスの影響を与えることで自己効力感が高まると思われます。

  1. 達成体験
    自分自身で成功したり達成したという体験。これが最も自己効力感を定着させるといわれている。
  2. 代理経験
    自分以外の他者が達成している様子を観察することによって、「自分にもできそうだ」と感じること。
  3. 言語的説得
    自分に能力があることや、達成の可能があることを言語で繰り返し説得されること。(言語的説得のみによる自己効力感は消失しやすいといわれている。)
  4. 生理的情緒的高揚
    酒などの薬物やその他の要因について気分が高揚すること。一時的な感覚はすぐに消失してしまう。

具体的なアクション

これらを踏まえると、自己効力感を高めるために考えられる具体的なアクションは次のようなものです。

  1. 小さな目標をクリアしていくことで自己効力感を積み上げていく。
  2. 憧れの人など成功者になったつもりで行動する(その人を演じてみる)。
  3. 家族や先生、上司などに褒めてもらう。もしくは自分自身を褒める。「自分ならきっとできる!」と自己暗示をかける。


>モチベーション理論へ戻る

↑top