「時は金なり(Time is money)」の本当の意味

『時は金(かね)なり』という言葉があります。“時間”の大切さについて語られた言葉です。 意味は、「時間はお金と同じように貴重なものだから、決して無駄にしてはいけない」といったものです。 

この言葉は、英語の「Time is money(タイムイズマネー)」が由来になっています。 アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリンが残した言葉です。 

確かに、自分の時間の使い方を振り返ってみれば、無駄に時間を浪費していることが結構あると気づくでしょう。 

スポンサーリンク

年収2千万円の人の時間の使い方

以前読んだ本にはこんなことが書いてありました。 年収2000万円の人と年収300万円の人の時間の使い方の違いについてです。

たまたま観た映画がつまらないと感じた時どうするか? 

年収2000万円の人は時間の大切さを理解し、実際に行動に反映させていたというわけです。 彼は、つまらない映画にこれ以上時間を使うより、もっと有意義なことに時間を使おうと判断し、上映の途中でも映画館を出たのです。

こうした時間の使い方の違いが、年収の違いにも現れるのです。 成功した多くの実業家も、時間の大切さについて同じようなことを語っています。 

時間だけは神様が平等に与えて下さった。 これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、 うまく利用した人がこの世の中の成功者なんだ。 (本田宗一郎)
たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。 これは私が長年、この眼で見てきたことである。 (ヘンリー・フォード)

時は金なり ── 時間の使い方が、人生を決めるといっても過言ではないのです。

お金じゃなくて時間が大事

ただし、この「時は金なり」を体現するあまり、逆に不幸になってしまう人もいます。 人の感情を無視して行きすぎた効率化を実行してしまう人です。 

いつの間にか、金儲けのためなら他人の感情などお構いなし、とにかく無駄を省いて時間効率を上げることばかり……。

中にはそんな極端な考え方を持つ人もいます。そうしているうちに、本当に大切なものを失っていることに気づいていないのです。

この言葉が本当に伝えたいことは、お金の大切さではなく時間の大切さなのだと思います。 あなたにとって大切なことに時間を使おうというのが、この言葉の真意なのです。 

あなたは自分にとって大切なことに時間を使っているでしょうか?
無駄なことにばかり時間を費やしてはいないでしょうか? 

時間の使い方は、そのままいのちの使い方になる。 (渡辺和子)

時間は、カネであり、命です ── 。

▼関連記事
光陰矢の如しとスティーブ・ジョブズ時間はたっぷりあると思い込んでしまいますが過ぎ去ってしまえばあっという間。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録