言い訳
モチベーションアップの法則

言い訳だらけの人生

”何かをしたい者”は手段を見つけ、”したくない者”は言い訳を見つける ──

これはアラビアのことわざだそうです。
似たような言葉にこんなものもあります。 

一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳が出る ──

武田信玄の言葉と言われています。 

「言い訳」は、”何かをしたくない者”や”いい加減な者”がするものだと言うわけです。
確かに、一生懸命頑張った人の口から言い訳が出てくることはありません。 たとえ結果が伴わなくても、それが全力を尽くした末のことであれば、言い訳は決して出てこないから不思議です。

スポンサーリンク

言い訳は他責

「言い訳」というのは、自分を正当化し守ろうとする心理から生まれます。 だから、言い訳は決まって”他責”です。
”他責”とは自分以外に責任があるということです。つまり、「自分は悪くない!」と言いたいのです。 

他責が思いつかなければ、自分にマイナスのレッテルを貼って、それを言い訳に使うようなこともあります。 「私はどうせ〇〇だから」と言って、それを頑張らない理由にするわけです。

言い訳をするのは負け犬の仕事だ。
(セルヒオ・ラモス:サッカー選手)

言い訳だらけの人生

最も悪いのは、言い訳だらけの人生を生きることです。 もっともらしい言い訳を並べて、大切なことを避け続けるのです。 そうなると、自己肯定感は下がり、意欲は湧かず、諦めに支配され、どんどん悲観的になっていってしまいます。 幸福感も下がり、人生の質も落ちていきます。

きっと良くなる(本田健著)」の中に、「言い訳をしないと宣言する」という一節があります。

才能がない、時間がない、もう若くないというのは、よく聞く言い訳です。
(中略)
自分ができない理由を探し出し正当化するのが言い訳の本質。せっかく有効に使える自分の力を、できない理由探しに使ってしまっているわけです。失敗した時の挫折感を感じないための防波堤が言い訳なのです。
(中略)
「今後、絶対に言い訳をしない」と決めることは、人生をコントロールする力を自分の手に取り戻す、自由独立宣言でもあるのです。

全くその通りだと思います。

もし「言い訳」をしている自分に気づいたら、それは何か大事なことを避け、楽をしようとしている証かもしれません。注意深く自問してみる必要があるでしょう。

そして、心の準備ができた人は、言い訳だらけの人生を卒業して、言い訳をしない人生へと歩んでいきましょう。それが人生のコントロールを自分の手に取り戻す道となるでしょう。

私は言い訳というものを好みません。なぜならそれ自体がすでに美しくないから。
(叶恭子)

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間500万pv。ほぼ1日1記事更新してますmore→

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録