いのちのバトン
モチベーションアップの法則

いのちのバトン


(画像引用)相田みつを美術館

「過去無量の いのちのバトンを 受けついで いま ここに 自分の番を生きている」

相田みつを(詩人・書家)
(1924年5月20日-1991年12月17日)「人間だもの」の言葉で有名。人間に関するシンプルで温かみのある詩を独自の書体で書いた作品で知られる。「書」と「詩」の高次元での融合を目指し、人々の心に響く作風を確立。1984年、初詩集『にんげんだもの』がミリオンセラーとなって相田ブームが起こる。ただし、この時すでに相田みつを60歳。しかも、長年の苦労が報われたその矢先に転倒し足を骨折、さらに脳内出血を起こして1991年12月17日に足利市内の病院で急逝。享年67歳。


これは、「自分の番 いのちのバトン(相田みつを)」という詩の一節です。

慌ただしい日常の中で忙しく生きていると、私たちはつい自分という存在を切り離された「個」として認識してしまいがちです。

「頑張らねば」と前ばかり向いているせいでしょうか。  しかし、そうして頑張っていると、ふとした時に自分という存在を見失ってしまうことがあります。
「自分はいったい何者なんだろうか?」 ──

そんな風に、自分の存在の根っこの部分をどこかに忘れてしまうのです。

そんなとき、この言葉を思い出すと、何か大切なつながりを取り戻せる気がします。 切り離された「個」としての自分ではなく、根っこでつながっている自分のいのちというものを思い出せる気がします。

自分のいのちは、父と母、そしてその先の数えきれない人たちからの、いのちのバトンを受け継いでいる……。

時空を超えて、そのバトンを感じてみると、私という存在に再びいのちが吹き込まれる気がします。 体中を温かい血が流れているのを感じることができます。

「過去無量の いのちのバトンを 受けついで いま ここに 自分の番を生きている」

そして、この詩は次の言葉で終わります。

「それが あなたのいのちです
それが わたしのいのちです」


その他の相田みつをの詩

夢はでっかく 根はふかく

「何をやっても思うようにならない時 上にのびられない時に 根は育つんだから」

「感動いっぱい 感激いっぱいの いのちを生きたい」

「七転八倒 つまづいたりころんだりするほうが自然なんだな にんげんだもの」

「ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの」

「どんな仕事でも 徹すれば かならず 生きられるものです」

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ」

「花はただ咲く ただひたすらに ただになれない人間のわたし」

「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間500万pv。ほぼ1日1記事更新してますmore→

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録