看護師が聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5

ある看護師によると、死を間近に控えた人々が口にする後悔の中で最も多いのは次の5つなんだそうです。

1.他人が自分に期待するような生き方ではなく、もっと“自分らしく”生きれば良かった ── 。
多くの人が、人生の終わりに、達成できなかった夢ややりたかった事がたくさんあったことに気づくのだそうです。  

2.あんなに一生懸命働かなくても良かった ── 。
あんなに仕事に時間を費やし過ぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じる人が多いのだそうです。  

3.言いたいことを我慢せず、はっきりと口に出せば良かった ── 。
空気を読んで自分の感情を押し殺してきた事に後悔を感じるそうです。  

4.友人関係を続けていれば良かった。もっと友達と連絡をとれば良かった ── 。
人生最後に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。  

5.もっと自分の幸せを追求すれば良かった ── 。
常識的な選択ばかりをして、自分の幸福を選択してこなかった事に後悔を感じるそうです。

出典:Top five regrets of the dying

私たちがやるべき事

私たちにもやがて”死”は訪れます。 その時、どんな気持ちになるのかは想像できません。 しかし、できる事なら後悔する事なくその時を迎えたいと誰もが思うでしょう。

だとしたら、この5つの後悔は私たちにとっても非常に重要なものです。 私たちがその時を迎えるまでにやっておくべき事がここに書かれているからです。

あなたは、後悔なくその時を迎えられそうですか?

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録