セルフイメージ
モチベーションアップの法則

年収2000万vs300万
年収はセルフイメージが決める

もともと成功していた人が何かしらのアクシデントで大損害を被ることがあります。
例えば、会社経営をしていて成功していた人が、その会社を潰して無一文になってしまった。 ロックスターが騙されて莫大な借金を背負ってしまった。
よくある話です。

すごいのは、彼らがそこから復活して再び何億も稼ぐようになることです。 実は、こうした話は何も特別なことではなく、規模はそこまで大きくなくてもよくある話です。

同じように、年収2000万の人が仕事をクビになって年収がゼロになったとしても、おそらくいずれ年収2000万円に復活するでしょう。
いえ、もしかしたらそれ以上稼ぐようになるかもしれません。

逆に、年収300万の人が何かしらの理由で急に年収2000万円になったとしたら、おそらくいずれまた年収300万まで戻ってしまうことが多いでしょう。

これはどういうことでしょう?

年収はセルフイメージと実力で決まる

そこには深い心の動きが働いています。
年収は「実力+セルフイメージ」で決まります。 実力がなければ稼ぐことができないのは言うまでもありませんのでここでは割愛して、セルフイメージについてもう少し詳しく見ていきましょう。

簡単に言うと、年収2000万の人は「年収2000万円のセルフイメージ」を持っています。 「私は年収2000万円もらって当然の人物だ」 「私は年収2000万円もらえるだけの仕事をしている」 といったものです。

一方、年収300万円の人はたいてい「年収300万円のセルフイメージ」を持っています。

当たり前と言えば当たり前のことなんですが、この違いが先ほど書いたケース「年収300万の人が急に年収2000万円もらってもいずれ300万に戻ってしまう」ということを引き起こします。

なぜかというとセルフイメージがそれを拒否するからです。 セルフイメージは、自分が考えている自分の年収と実際の年収の違いが我慢できません。

そのセルフイメージが「こんなはずはない」と思えばいずれそうなるものです。
セルフイメージの感じている年収より稼いでいようと、稼いでいまいと関係なく、その差が激しければ激しいほど修正圧力は高くなります。

セルフイメージと実力の関係性

「年収はセルフイメージと実力で決まる」と書いたうえで、先程は実力について割愛しましたが、この「実力」と「セルフイメージ」には因果関係があります。

一般的に「実力」が上がれば「セルフイメージ」も上がりますし、逆もまたしかりです。 本当は「実力」があるのに力を発揮できない人は「セルフイメージ」が実力に比べ低い可能性がありますし、「セルフイメージ」は高いのに実際の「実力」が伴わない人は問題を引き起こすことがあります。

つまり、この両者はどちらか一方を強化すれば良いのではなく、両方バランスよく強化していかなくてはいけないということです。

セルフイメージを上げるには

基本的には、両者とも明日からいきなりシフトアップすることはできません。時間をかけながら徐々に根気よく上げていかなくてはならないでしょう。

セルフイメージに関しては、急に年収2000万のセルフイメージを身につけることも可能かもしれません。 でも、俗にいう「勘違い野郎」になってしまって問題を引き起こすことにはなるかもしれません。

とはいえ、その失敗をバネに実力を磨いていけばいずれそこにたどり着けることも事実です。

ちなみにセルフイメージとは、表面的な言動などではなく心の奥底で感じるものです。 嘘をつくことはできません。

「自分は年収2000万の人間だ」と言葉では簡単に言えますが、心の奥底までそれを信じきっていなければそれがセルフイメージとは言えません。
セルフイメージを上げるには、自分に何度も言い聞かせていくことが有効です。
「私は成功するにふさわしい人間だ!」などと繰り返し自分に言い聞かせていきます。

信じてやり続けることができればいずれ到達できるでしょう。

年収2000万vs300万、何が違うの?

目標が明確vs曖昧
読書家vs読書嫌い
現実的vs逃避的
ポジティブvsネガティブ
捨てるvsため込む
貢献しようとするvs得しようとする
投資感覚vs消費感覚
年収の分布 平均給与は415万円
⑨セルフイメージが年収を決めている

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者はコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録