ポジティブvsネガティブ
モチベーションアップの法則

年収2000万vs300万
ポジティブvsネガティブ

年収2000万の人の多くは、嫌々仕事をしていません。 喜びや充実感に満たされながら目的意識を持って仕事をしています。

オンとオフの区別もあまりなく、仕事だけではなく趣味も楽しんでいます。

2000万稼ぐ人は、平日も休日も、スポーツ、勉強、会食、仕事と、やることが盛りだくさんで毎日が充実しています。

一方、年収300万の人は仕事は嫌なものだとあきらめて、お金を稼ぐための手段として割り切って退社時間が来るのを待っている傾向が強いようです。

オンとオフの区別を明確につけ、オフのためにオンを我慢しています。

とはいえ、オンの時間、つまり仕事の時間は1日の中で多くの割合を占めています。 あきらめてやり過ごすには、あまりにも時間が長すぎるので、どうしても仕事が充実していないと人生全体としての満足感は下がってしまいます。

また、オフが充実していればそれでもいいかもしれませんが、明確に区別しているオフもそれほど充実していないことも多いのではないでしょうか。
オンもオフもどれも楽しめていない状態に陥っているという人も少なくありません。

新しいことにチャレンジする意欲にも差が

年収2000万の人と年収300万の人では、何か新しいことにチャレンジしようとする意欲にも大きな差があります。

年収2000万の人は好奇心旺盛で、どんなことにもどんどんチャレンジします。 失敗してもそれを楽しんでしまうポジティブさを持ち合わせています。

年収300万の人は、新しいことにチャレンジするより、これまで通りやることが一番安全だという意識が強く、失敗を過度に恐れる傾向があります。

時間の使い方にも差が

人間に与えられた時間は1日24時間であり、それは全ての人に平等です。
そんな中で、年収2000万の人は時間の貴重さを知り、自分の人生を楽しむために時間も有効に使っています。
「睡眠時間」「人と会う時間」「勉強する時間」をしっかり取る傾向にあるようです。

「仕事の時間」はもちろんですが、これらの時間もそれと同じくらい重要なものとして優先的にスケジュールに組み込んでいます。
また、空き時間も大事に使っています。

こうしたことも積み重ねると大きな差となってくることは容易に想像ができます。

年収2000万vs300万、何が違うの?

目標が明確vs曖昧
読書家vs読書嫌い
現実的vs逃避的
④ポジティブvsネガティブ
捨てるvsため込む
貢献しようとするvs得しようとする
投資感覚vs消費感覚
年収の分布 平均給与は415万円
セルフイメージが年収を決めている

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者はコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録