読書家vs読書嫌い
モチベーションアップの法則

年収2000万vs300万
読書家vs読書嫌い

努力せずに成功する人はいません。
生まれながらにして成功する資質を持っている人など存在しません。

正確に言うと、努力しなくても一時的に成功する人はいるかもしれません。
宝くじに当たったとか、親の遺産で、とか。

でも、継続的に成功する人で努力しない人、学ばない人は存在しません。
ということで、成功している人は皆間違いなく勤勉です。 もちろん年収2000万の人も勤勉な人ばかりです。
そして、その多くは読書家でもあり、新聞や本をたくさん読んでいます。

明らかに違う読書の姿勢

年収300万の人は、年収2000万の人と比較すると新聞や本をあまり読まないようです。
もちろん個人差はあるでしょうけれど、年収2000万円の人たちと年収300万円の人たちの読書量を比べれば明らかに違うはずです。

また、その本の内容にも差が見て取れます。 年収2,000万円の人たちは、ビジネスに直結する学びのためのビジネス書や、人間性の形成のための伝記や小説、社会を知るためのノンフィクションなどを好んで読む傾向があります。

一方、年収300万円の人たちは、恋愛小説や流行りのサスペンス小説などを好んで読んでいる傾向にあります。

(もちろん、それらが悪いわけではありません。学びのための読書と娯楽のための読書はやや違うということです。)

こうした読書の姿勢の違いが毎日積み重なっていくと大きな差として表れていくことになります。

社会に出てから勉強する習慣があるのかないのか

学生時代に高学歴の人でも、その後勉強をしない人は社会では使い物になりません。
逆にほとんど学校に行っていなくても、社会に出てからしっかりと勉強している人は大きく飛躍していきます。

学生時代にやらされた勉強と、社会人になってから自ら必要だと思ってやる勉強では、人生に与えるインパクトが全く違います。
社会人になってからやる勉強は、より実践的で自分の人生に直結するものを学ぶことになるでしょうし、なによりも自らの意志で何を学ぶかを決めているはずです。
また、社会人の体験を通して学ぶので、より学びも深いはずです。

学ぶ期間も、学生時代の数年間に対して、社会人になってからの時間は数年~数十年あります。
その期間学び続ける人と全く学ばなくなってしまう人、大きな差が出るのは当然です。

年収300万の人は、年収2000万の人に比べて学ぶ習慣に乏しい傾向にあることは間違いないでしょう。
日々の積み重ね。本を読んだり、勉強したりする習慣があるかないか、その結果は年収としても如実に表れてきます。

楽しみながら学ぶ習慣を持つ

ただし、学ぶと言っても受験勉強のようにやりたくもない勉強を気合でやれというのではありません。
無理にやりたくもない学びをする必要はありません。イヤイヤやっても長続きしないからです。

自分が楽しい、もしくは意味があると思えるものをやれば良いのです。
気合を入れすぎて、いきなり難解な本を手にするようなことをするのは危険です。

最初はほんの小さなことから始めるのがコツです。
学ぶことの喜びや楽しさを知り、それを習慣にすることがなによりも大切だからです。

年収2000万vs300万、何が違うの?

目標が明確vs曖昧
②読書家vs読書嫌い
現実的vs逃避的
ポジティブvsネガティブ
捨てるvsため込む
貢献しようとするvs得しようとする
投資感覚vs消費感覚
年収の分布 平均給与は415万円
セルフイメージが年収を決めている

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者はコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録