ダメな自分を変えるたった一つの方法

頑張っても上手くいかない……。
やらなきゃいけないのについつい怠けてしまう……。

そんな時、私たちは「ダメな自分」というものを認識します。
「ダメな自分が嫌い……」「ダメな自分を変えたい……」そんなことを考えるかもしれません。

ここではそんな「ダメな自分」をどう扱うかについて考えていきます。

スポンサーリンク

ダメな自分と理想の自分

さて、自分のことをダメな人間だと言う人は、必ずどこかに「理想の自分」というものを持っています。 なぜなら、それと比べて「自分はダメだ」と言っているはずだからです。

もし比べるものが無ければ、判断基準がないので自分のことを「ダメ」だなどとは思わないはずです。

自分が無意識のうちに設定していた「理想の自分」とは一体どんなものでしょうか? 何と比べて「自分はダメだ」と言っているんでしょうか? 

これを明らかにしてみると、本来比べるべきでないものと自分を比較して、勝手に落ち込んでいたことが明らかになることがあります。
例えば、初心者なのにその道のトップの人と比べて「自分はダメだ」と思っているとしたらどうでしょうか? 

「そりゃあ、そこと比べたらね……」 ということになるでしょう。

どんなことでも上を見たらキリがありません。 上を目指すのは構いませんが、物事には順序というものがあります。 あまり自分を過信して理想が高過ぎると、すぐに「自分はダメだ」と考えがちです。

自分のダメなところにばかり注目していないか?

世の中に完璧な人間などいません。誰だって「イイ部分」と「ダメな部分」があるものです。 にも関わらず、「ダメな部分」ばかりに注目して自分にダメ出しを続けてしまう人がいます。

100のうち、イイ部分が「99」あって、ダメな部分が「1」だとしても、その「1」のダメ出しを続けるのです。 言い換えるなら、「完璧主義」というやつです。 

もちろん、完璧を目指すことは悪いことではありませんが、ちゃんとイイ部分にも注目してあげないと、やがて心が折れてしまいます。

行き過ぎた完璧主義が、ダメな自分を責め続けてはいないでしょうか? 

ダメな自分も受け入れる

ダメな自分を責めて自己否定しても、大抵あまり良いことはありません。

むしろ、マイナスの感情で一杯になり生産的でなくなったり、やりたくないことを自分に強いて余計疲れたりしてしまいます。

それよりは、ダメな自分も受け入れてしまった方が、気持ちにも余裕が生まれて、案外上手くいくことが多いものです。そして、その方が結果的に理想の自分にも近づくのです。

ちょっと開き直って、ダメな自分も一旦受け入れる努力をしてみましょう。そしてそこから始めてみましょう。

ダメな自分を改善することは必要ですが、それを感情的に責めるようになったら要注意です。

ダメな自分を変えたい

ダメな自分を変えたいと願うなら、目の前の小さな一歩を大事にすることです。 いきなり完璧な自分を目指さないことです。 

例えば、ついつい怠けてしまう自分を「ダメな自分」だと感じていたのなら、まずは10分頑張ったらその自分を賞賛してあげることです。 いきなり丸一日フルに頑張る自分を目指しても、それはほとんど無理なことです。

多くの人は、設定したハードルが高過ぎてそれに達することができず、いつもできない自分ばかりだと感じてしまっています。 

自分が気力に満ちているときなら、ダメ出しをすることでさらなる奮起を期待できるかもしれません。 しかし、「自分はダメだ」と落ち込んでいるのなら、良い部分に注目してやる気を出すことの方が大事です。 

小さな「できた♪」を積み上げていけば、やる気も満ちてくるし、そのほうが理想の自分にも近づけるでしょう。

そしてそんなことを続けていると、気づけばいつの間にか「ダメな自分」はもうほとんど顔を出さないなんてことになっているものです。

まとめ

最初から求めているハードルが高過ぎてはいないでしょうか?
ダメな自分にばかり注目する癖がついていないでしょうか?

行き過ぎた完璧主義に陥ると苦しむことになってしまいます。

最初から完璧は目指さずに、一歩ずつ「ダメな自分」を改善していきましょう。結局、少しづつ積み重ねた一歩一歩でしか「ダメな自分」を変えることはできません。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録