PREP法
モチベーションアップの法則

PREP法〜まとめて話すのが苦手な人のための伝達のテンプレート

「PREP法」を覚えておくときっと役に立つでしょう。「PREP法」とは、人に何かを伝える際に使える伝達のテンプレート(型)です。
この型に話を当てはめていけば、効果的かつ的確に自分の言いたいことを伝えられるようになります。

長々と話をされた上で結論がよく見えてこない。「で、結局何が言いたいの?結論はなに?」と苛立ってしまった経験がある人も多いはずです。
「PREP法」は、そんなことを避けるためにも有効なテンプレートです。

具体的には次のようなものです。
この構成で言いたいことを伝えます。

  1. 1.POINT(結論) 相手に伝えたい結論・要点
  2. 2.REASON(理由) 結論に至る理由、根拠
  3. 3.EXAMPLE(事例) 裏付けとなる事例
  4. 4.POINT(結論) もう一度、結論(要点)を強調

それぞれの頭文字をとって「PREP」です。

例えば、このテンプレートが役に立つことを伝えるために「PREP法」を応用すると次のようになります。

「PREP法」というテンプレートが役に立ちます(結論)
なぜなら、話をまとめて相手に伝えることが苦手という人が結構多いからです(理由)
実際、私も言いたいことをうまく伝えられず、話が長くなってしまうことがよくありましたが、「PREP法」を意識するようにしたら話が効果的に伝わるようになりました(事例)
だから、「PREP法」というテンプレートが役に立つんです(結論)

もちろん、常にこうした話し方をする必要はありません。
しかし、ビジネスシーンではこうした話し方が好まれるはずです。 まず結論から話して、あとで理由を述べるという構成です。
これができると、話が早く、内容が的を得ているので、有能な人物だと評価されることでしょう。

応用パターンとして、次のようなものもあります。

「結論+理由+事例+メリット+結論」
「結論+理由+事例1+事例2+結論」
「結論+理由+反論+検証+結論」 など。

無理に形にこだわる必要はありません。
押さえておくべきポイントは、次の3点です。

「PREP法」を理解しておけば、話をする時にも、ものを書く時にも、何かと役に立つはずです。

まとめ

「PREP法」とは、人に何かを伝える際に使えるための伝達のテンプレート(型)。次の4つの構成で言いたいことを伝える。

  1. 1.POINT(結論) 相手に伝えたい結論・要点
  2. 2.REASON(理由) 結論に至る理由、根拠
  3. 3.EXAMPLE(事例) 裏付けとなる事例
  4. 4.POINT(結論) もう一度、結論(要点)を強調

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者はコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録