PDCA
モチベーションアップの法則

PDCAとは何か?【1分で読めるポイント解説】

「PDCA」とは、「業務改善」に効果を発揮するフレームワークのことです。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)、これら4つの単語の頭文字を取って「PDCA」と言います。
この一連のサイクルを繰り返すことで、業務をどんどん改善していこうというのです。

Plan(計画)…計画を立てる。
Do(実行)…計画に従って実行する。
Check(評価)…計画に沿って実行できたか検証する。
Act(改善)…できなかった部分を改善する。

「PDCA」は、ビジネスの現場では比較的よく使われる言葉で、これを「最強のフレームワーク」と言う人もいます。 シンプルな考え方ですが、非常に効果的だからです。
結果を出している組織やビジネスパーソンは、必ずといって良いほどこのPDCAサイクルを効果的に回しています。

スポンサーリンク

PDCAサイクルの例

「PDCA」サイクルの例としては、例えば次のようなものです。

Plan(計画):売り上げを倍増させるために、営業先への訪問回数を2倍にする計画を立てた。
Do(実行):実行してみた。
Check(評価):結果、訪問回数は1.2倍までしか増やせなかった。問題点を検証した。
Action(改善):まずは訪問回数を1.5倍に増やす新たな計画を立案した。

こうした一連のトライ&エラーを繰り返し回していくことで、業務がどんどん改善していくわけです。

「PDCA」が支持される理由

人も組織も元々はたいてい次の2つのどちらかに当てはまります。

つまり、「計画」と「実行」のどちらかばかりやっていて、もう一方がおろそかになってしまうのです。 しかも、そこにはたいてい「検証(評価)」や「改善」といった概念がありません。

このために、普通の人は同じ失敗を何度も繰り返してばかりで、望むような成果を上げることができないのです。

そこで、「PDCA」というフレームワークが考案され、多くの人々の支持を得ました。 このフレームワークを使えば、成果を上げるために不可欠なプロセスが漏れ無く行えるようになるからです。
それまで、なかなか成果を上げることができなかった人も、「PDCA」を効果的に実行することによって、卓越した成果を出せるようになったのです。

まとめ

ここまで大事なポイントに絞って解説してきました。「PDCA」とは、「Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」という一連の業務改善プロセスのフレームワークことでした。

仕事でもプライベートでも、やり方を改善してより良い結果を出したいと思った時に使える、シンプルで最強のフレームワークです。うまく活用していきましょう。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してますmore→

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録