「の」の字の哲学
モチベーションアップの法則

人間関係を穏かにする秘訣
「の」の字の哲学

人間関係を穏かなものにするための秘訣として、「の」の字の哲学というものがあります。
元ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが、神父さんから聞いた話として著書「面倒だから、しよう」の中で紹介していたものです。

もし、相手が「あぁ疲れた」と言ったら、「疲れたの?」と言ってあげてください。
夏「暑かった」と言ったら「暑かったの?」と言ってください。
「私だって疲れています」とか「夏だから当然よ」と言えば喧嘩になります。
まず、相手の気持ちを受け止めてください。
自分の言い分もあるでしょう。
しかし、その気持ちを少し抑えて相手の気持ちになる。 それがとても大事なのです。
これが、「の」の字の哲学です。

まさに、相手の気持ちに寄り添う話の聞き方です。 カウンセラーの傾聴のやり方にも似ています。

「私だって」と自分の話をするでもなく…
「でもそれじゃダメでしょ」と否定するでもなく…
「何があったの?」と詮索するでもなく…

まず、相手の気持ちをしっかり受け止める…

それだけでその人の心は少し満たされるでしょう。
「あぁ、自分の気持ちを受け止めてもらえた」と感じるはずです。

それは静かに心が触れ合う瞬間です。そんな関わりが二人の関係性を確かなものにしてくれるでしょう。

言葉はあまり必要ありません。
「疲れたの?」「悲しいの?」「悔しかったの?」と相手の気持ちを受け止め、心にそっと寄り添ってあげましょう。

そんなちょっとした心遣いで、人間関係というものは築かれていくのではないでしょうか。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してますmore→

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録