「豆腐メンタル(とうふめんたる)」とは

最近、SNSやブログなどで『豆腐メンタル(とうふめんたる)』という言葉を良く見かけるようになったので、その意味を調べてみました ── 。

「豆腐メンタル」の意味とは 

「豆腐メンタル」とは、豆腐のようにもろく崩れやすいメンタルのことを意味しています。折れやすく弱い心のことを表す造語です。
「ガラスのハート」とは全く同じ意味ということになるでしょう。 

「豆腐メンタル」の人の特徴 

「豆腐メンタル」の人には次のような特徴があります。 

「豆腐メンタル」の使い方 

ネットなどでは次のように「豆腐メンタル」という言葉を面白おかしく使っていました。

「豆腐メンタルをどうにかしたい」
「豆腐メンタルなので責めないでください」
「豆腐メンタル しかも絹ごし」
「気にすることはありません。男前豆腐になればいいんです」
「俺なんて杏仁豆腐」
「俺は木綿豆腐」
「ジーマミー豆腐のような粘りがあれば」
「せめて高野豆腐くらいにはなりたい」 

後半に来ると、ひとくちに豆腐メンタルといっても色々な種類があることに感心します(笑)。

豆腐メンタルの反対語

豆腐メンタルの反対は「こんにゃくメンタル」と言います。 こんにゃくは、崩れにくく柔軟性があることから来ています。

最後に 

ついつい使いたくなる「豆腐メンタル」という言葉ですが、使い過ぎると本当の「豆腐メンタル」になってしまうので使い過ぎには注意しましょう。自分は弱い心の持ち主だと自分自身に繰り返し言い聞かせているようなものだからです。

自分自身に対しては「自分はこんにゃくメンタルだ!!持ち前の柔軟性で跳ね返しちゃうぞ!!」と言い聞かせたほうが、きっと人生が生きやすくなるでしょう……。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録