オバマ前大統領が活用した
共感を得るプレゼン法「Me We Now理論」

Embed from Getty Images

米国初の黒人大統領バラク・オバマ。演説がうまいことで有名でした。2008年の米国大統領選挙でも、人を惹きつける演説で多くの人の心を動かしました。当時、その選挙参謀として活躍したのがハーバード大学のマーシャル・ガンツ博士です。

彼によると、人々を動かすには感情移入できる物語が必要だそうです。 人々が行動する動機や勇気となる物語です。 そんな物語を共有し、当事者一人一人の共感を得ることが、大きなムーブメントを巻き起こす秘訣だと言うのです。 

オバマ前大統領も、その手法をうまく活用したからこそ、多くの人々の心を動かすことができたのです。 

ガンツ博士によると、人を動かす物語には3つの要素が必要です。 

Me We Now理論

ホリエモンも、このオバマ前大統領の演説の手法高く評価した上で「Me We Now理論」としてわかりやすく伝えていました。 

例えばこんな感じの構成で話を組み立てるわけです。

(私の物語)私はずっと背が低いことがコンプレックスでした。どうして自分だけこんなに背が低いんだろう?思春期の私はその為に人に会うことが怖くなってしまいました。親を憎んだこともありました。」

(私たちの物語)でも、あるとき気づきました。コンプレックスで悩んでいるのは私だけじゃないと。誰だって悩みを抱えながら生きているんだと。私は決して一人じゃないんだと。私もあなたも皆同じように必死に生きている仲間なんです。」

(今やりたいこと)私は今度、悩みを分かち合い、笑いながら語り合うオフ会を開催します。参加費はコーヒー代だけで誰でも参加できます。ぜひあなたも参加してください。皆でコンプレックスを笑い飛ばしましょう。」

まぁ、ざっくりとこんな感じです。

中には、「このオフ会、参加したい!」と思った人もいたのではないでしょうか(笑)

まとめ

簡単な上に効果的な「Me We Now理論」、プレゼンなどで何かを語り、人々を動かす必要があるときには大いに活用できるのではないでしょうか。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録