口癖からわかる性格12選

口癖というのは、案外その人の性格を表しているものです。たいがい本人は気づいていませんが、その人の口癖のことを周囲の人たちは気づいて、その人の性格まで読み取っています。

隠しているつもりでも、口癖によって自分の性格はダダ漏れしているのです。「口癖は性格を映し出す鏡」と言っても良いかもしれません。

中には、よく使う口癖で、知らず知らずのうちに周囲の人たちをイラっとさせていることもあります。 「口は災いのもと」などと言ったりもしますが、口癖となるとよく発する言葉ですから、ちょっとしたことでも大きな災いを招いてしまうかもしれません。 

ここでは、そんな”口癖”から読み取れる12個の性格を紹介します。

スポンサーリンク

代表的な口癖12個

「別に……」

興味のなさを表現する言葉です。不満を抱えやすく、根に持つタイプの口癖です。それを察して構って欲しいという気持ちも透けて見えます。 

「なるほどですね……」

実はあまり相手の話を聞いていない人が使う口癖です。でも、自分にはコミュニケーション力があると思っている。 語尾に「ね」が付くのは、あくまで自分が上だということを無意識に示しています。 自分の意見にこだわりのあるタイプです。 

「一応、とりあえず……」

失敗したときの予防線を張るような言葉です。優柔不断な性格が現れています。

「ざっくり言うと……」

オープンマインドで正直な性格が現れています。ただし悪く言うと軽率で大雑把。 

「要するに……」

自分に自信がある人が使う口癖です。自分が優れていることをはっきり周囲に示したいという心理も垣間見得ます。 まとめると話が早く終わるので、せっかちな面もあります。

「なんか……」

自分の考えていることを表現するのが苦手な人が使う口癖です。 細かい事や理論的な事が苦手で、相手に頼ってしまう面があります。 

「確かに……」

事を荒立てたくない性格の人がよく使う口癖です。納得しているという印象を相手に与えることで、会話を終わらせたいという心理が透けて見えます。 

「まあ……」

物事をあいまいにして、攻撃されるのを避けようとする人が使う口癖です。自分の主張をオブラートに包み、自己防衛する言葉です。 自分に自信がなく、めんどくさがり屋な面も。

「だから……」

自己主張したい。自分が主導権を握りたいという性格が現れています。自分の話をとにかくしっかりと聞いてほしいというタイプが使う口癖です。 

「忙しい……」

自分がすごい人だとアピールしたいと考える人の口癖です。目立ちたがり屋で寂しがりな性格の持ち主。

「ていうか……」

相手の話より自分の話がしたいと考えている人の口癖です。あまり人の話を聞かない自己中心的なタイプ。

「すごい……」

ミーハータイプで熱しやすく冷めやすい性格の人が持つ口癖。 ただし、純粋にそう思って使っている人と、実はあまり関心がないのに社交辞令で使っている人が混在しています。

まとめ

口癖をよーく観察してみると、その人の性格を読み取ることができるという話でした。何かの参考までに……。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録