不幸せになる7つの悪習慣
モチベーションアップの法則

不幸せになる7つの悪習慣

自己啓発本として、世界で3,000万部を越えるベストセラー「7つの習慣」。
その著者コヴィー博士の息子であるショーン・コヴィー氏が、10代の若者のために書き下ろした本が「7つの習慣ティーンズ」です。

その中で、「不幸せになる7つの悪習慣」というものが紹介されていました。

これは、それぞれ本来の「7つの習慣」とは真逆の習慣になっています。 だから「不幸になる悪習慣」なわけです。

「こういう習慣を持とう」ではなく、「こういう習慣を持っているとダメだよ」という形で、10代の若者にも理解しやすくしてくれています。

次のようなものです。

「不幸せになる7つの悪習慣」

(※カッコ内は対となる本来の「7つの習慣」)

第一の悪習慣 人のせいにする(↔︎主体的である)

第二の悪習慣 目的を持たないで始める(↔︎終わりを思い描くことから始める)

第三の悪習慣 一番大切なことは後まわし(↔︎最重要事項を優先する)

第四の悪習慣 勝ち負けという考え方(↔︎Win-Winを考える)

第五の悪習慣 まず自分が話し、それから聞くふりをする(↔︎まず理解に徹し、そして理解される)

第六の悪習慣 頼れるのは自分だけ(↔︎シナジーを創り出す)

第七の悪習慣 自分をすり減らす(↔︎刃を砥ぐ)

これらは、自分の行動や考え方をチェックするのに役立ちます。
「当てはまる悪習慣がある」という人は注意した方が良いかもしれません。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ&カウンセラー兼ライター。月間100万pv。ほぼ1日1記事更新してますmore→

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録