ココシャネルの名言
モチベーションアップの法則

ココシャネルの名言


(画像引用)VOGUE

「20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔にはあなたの価値がにじみ出る」

ココ・シャネル(フランスのファッションデザイナー、シャネルの創業者)
[1883~1971]20世紀を代表する女性デザイナー、ココ・シャネルは、フランスのオーベルニュー地方に生まれ、12歳の時に母が病死し、父に捨てられて孤児院や修道院などで育った。「ココ」は愛称で、歌手を目指してキャバレーで歌っていた歌の題名にちなんで付けられたもの。1910年に、パリのカンボン通りに帽子専門店「シャネル・モード」を開店。21年には店を拡張し、ベストセラーとなる香水「No.5」を発表。第二次世界大戦中と戦後にはスイス亡命。約15年間沈黙を守った。1954年スイスからパリに戻り、ファッション界へのカムバック。翌年シャネル・スーツを発表、モード・オスカー賞を受賞する。 1971年、自宅にしていたホテル・リッツにて死去。


元アメリカ大統領のリンカーンは「男は40を過ぎたら自分の顔に責任を持て」と言ったそうですが、ココシャネルも女性に向けて同じようなことを言っています。歳を重ねるにつれ、その人の生き方が顔に表れるということです。20歳の顔は親から授かったものだけれども、それ以降の顔はその人次第、自分で作り上げていくものだというわけです。確かに、歳を重ねてなお魅力的な人は内面から輝く何かを持っています。これは男性女性に関わらず言えることですね。


その他のココシャネルの名言

「女は40を過ぎて始めておもしろくなるの」

「下品はこの世でもっとも醜い言葉。私はそれと闘う仕事をしています」

「天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ」

「あなたが私のことをどう思っていようと気にしないわ。あなたのことなんてコレぽっちも考えていないもの」

「世の中には、お金持ちな人と豊かな人ってのがいるわ」

「お金が欲しいという欲望から始まって、次に働きたい意欲にかられる。そして働くことは、お金それ自体よりも、もっと強い興味の対象となってゆく。お金は結局、独立のシンボルという意味しか持たなくなるの」

「あえて一人でいることを大切にする時もあっていいの。自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌」

この記事が気に入ったらいいね!で最新記事をお届けします。