渡辺和子名言
モチベーションアップの法則

渡辺和子の名言


「置かれた場所で咲きなさい」

渡辺和子(1927年2月11日 - 2016年12月30日)キリスト教カトリック修道女。学校法人ノートルダム清心学園理事長。北海道旭川市生まれ。
著書「置かれた場所で咲きなさい」が200万部を超えるベストセラー。ノートルダム清心学園の教育はどのような環境にあっても、そこで諦めることなく、世界に一つだけの花として、自分しか咲かせられない花を咲かせる女性の育成をめざしている。


何かがうまくいかなかった時、「こんなはずじゃなかった!」と思った時など、他責モードや自暴自棄になりそうになったら静かに自分に言い聞かせたい言葉です。


その他の渡辺和子の名言

「いのちは大切だ。と、言われるより、あなたが大切だ。と、 言われた方が生きてゆける。」

「一生の終わりに残るものは、自分が集めたものではなく、自分が与えたもの。」

「何もかもぶちまけるのが親しさではありません。親しさというのは開示性の度合いではなく、相手の独自性を尊重する度合いです。お互いが一個の人格であるということを認め合う。そこには淋しさ、孤独があります。しかし、その孤独を澱(おり)まで味わって飲み干すことが私たちの成長のために必要です。」

「相手に気に入られるため、嫌われないために、あなたが自分をなくしてまで相手の言いなりになったり、無理をしたりすることはないのです。」

「「自分と仲良く生きる」といい。 好きな自分と四六時中一緒にいる人は、自然と笑顔が多くなり、 言葉から刺がなくなり、相手の言葉をふんわりと 受け止めることができるようになるから不思議です。」

「養護老人ホームにボランティアに行っていた学生たちの報告を聞きながら、気になる言葉があるのに気づきました。「本を読んであげました」「肩を叩いてあげました」と言うのです。ボランティアというものは、本来「させていただく」ものだと私は思っています。」

「人間は弱いものです。口ではきれいなことを言っても、なかなか体がついていかないことがあります。自分の敵を頭では許しても、体がいうことを聞かないということもあります。そんなときは、相手を愛せなくても、せめて相手の不幸を願わないことです。」


Home > 心に響く言葉・やる気が出る名言 > 渡辺和子の名言