小林一三名言|下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ・・・
モチベーションアップの法則

小林一三の名言

小林一三 名言
(画像引用)Wikipedia

下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。

小林一三(阪急・東宝グループ創業者)
こばやし いちぞう、1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)。日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループの創業者。


現在の境遇に納得いかなくても、腐らずにそこでできることを目一杯やる。「なにくそ!見ていろ!」という反骨精神で頑張ることで逆境でも跳ね返していけます。腐ってしまっては何も生み出しません。そんな反骨精神を思い起こさせてくれる言葉です。
(※下足番とは、旅館や料亭などで客が脱いだ履き物の番をする人で現在ではほとんど見かけない。)


その他の小林一三の名言

「金がないから何もできなという人間は、金があっても何もできない人間である。」

「自分の長所を磨くことを忘れて、無理からに常識にのみよる行動をとる若い平凡人が多すぎて困る。」

「人に頼り、人に期待するのが一番いけない。」


Home > 心に響く言葉・やる気が出る名言 > 小林一三の名言
↑top