幸せとは
モチベーションアップの法則

幸せとは?~世界150ヵ国の調査結果でわかった5つの要素

幸せになるための5つの要素

「幸せになりたいですか?」と聞かれれば、きっと誰もが「そりゃあなりたいですよ!」と答えるでしょう。 

では、「あなたにとって幸せとは何ですか?」と聞かれたらなんと答えるでしょう。

きっと即答できる人はあまりいないんじゃないでしょうか。「え~っと、人とのつながり?」とか「ん~、あたたかい家庭?」とか「やっぱりお金持ちになること?」なんていう答えが返ってきそうです。 

つまり、ほとんどの人は、「幸せにはなりたいけれど、何が幸せなのかはわかっていない」ということです。 

当たり前かもしれません。これまで学校や友達同士で「幸せ」についてちゃんと話し合ったり考えたりする機会はほとんどなかったでしょうから。 

もちろん、幸せの形は人それぞれで正解があるわけではありませんが、調査会社のギャラップ社が行った幸せの構成要素についての150か国に及ぶグローバル調査の結果は、そんな「幸せ」を考える上で大変参考になるものです。

その調査結果は次のようなものです。 

    人の幸せを決定する5つの要素
  1. 1、仕事に情熱を持って取り組んでいる。
  2. 2、よい人間関係を築いている。
  3. 3、経済的に安定している。
  4. 4、心身ともに健康で活き活きしている。
  5. 5、地域社会に貢献している。

一つ一つの要素は何も特別なことではありません。ただし、これらは相互に深く関係していてい、どれか一つを切り離して扱うことはできません。例えば仕事だけに集中する人生はやがて破綻してしまいます。
これら5つの側面が互いに関わりあっていてこそ、私たちは本当に人生に満足し、幸せを実感できるんだそうです。

ちなみに、すべての要素でハイスコアの人の割合はわずか7%。 重要なことは1つの要素だけ突出してうまくいっていても、残る4要素をないがしろにしていると、「日々幸せを感じる生活」は手に入らないということです。

それでは、各要素をもう少し詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

仕事に情熱を持って取り組んでいる

ここでいう仕事とは必ずしも収入を得るものだけでなく、ボランティア活動なども含まれます。 大事なことは、多くの時間を費やすものに情熱を持って取り組んでいるか、ということです。 

この仕事の幸福は、5つの要素の中でも最も重要なもので、仕事の幸福度が高い人は、そうでない人に比べて「自分はすばらしい人生を送っている」と思う割合が2倍も高いのだとか。
しかし、実際には世界中で働く人の3分の2は毎日仕事が終わるのを待ち望んでいる状態だそうです。 

また、「仕事が楽しい」と思える人の共通点として、自分の強みを使う機会があるということが紹介されています。 確かに、仕事の中に自分の強みを活かす機会があれば、労働意欲は間違いなく高まるでしょう。

よい人間関係を築いている 

これまでの人生で印象に残っている出来事や体験を思い出すと、そこには必ず「自分以外の誰か」が関わっていたはずです。このことからも、やっぱり人間関係が人生にどれだけ大きな影響を与えるかがわかります。 

研究では、人間関係の幸福がうまくいっている人は平均して1日6時間を人間関係に使っているそうです。内向的な人はもう少し時間的に減るかもしれませんが、それでも基本は同じで、コミュニケーションの時間を少しでも長く持つと、人生の全体的な質を高める効果があるといいます。
確かに人と積極的に関わって良い人間関係を築いている人はイキイキしてますね。 

また、人間関係の幸福度を高めるためには、親友を持つことが有効だといいます。 その親友との関係の質が、健康状態や幸福度を高めることにつながるということが明らかになっています。

既婚者は夫婦関係がこじれていると健康状態が悪化し老化が加速するという研究結果も発表されていますし、親友が一人もいないと、孤独、退屈、うつなどにつながる可能性のあることも指摘されています。 

また、研究によると、人の気分や感情は周囲の人と互いにシンクロしていて、幸福も肥満も人から人へ感染するのだそうです。 つまり、自分が幸せなら周囲の人も幸せになる可能性が高まり、自分が肥満なら周囲の人も肥満になる可能性が高くなるということです。 確かに、不機嫌な人が一人いるとそこにいる人たち全員に影響しますし、逆にご機嫌な人がいるとその場全体が明るくなります。 

我々は互いに影響しあって生きていることは間違いありません。どんな人に囲まれ、どんな人間関係を築いていくかは幸せにとても大きな影響を及ぼすでしょう。

経済的に安定している 

お金と幸せとの関連はよく語られることが多いと思いますが、ここで語られる経済的な幸福度が高い人たちは何も特別なお金持ちではありません。
身の丈に余る借金を避け、コツコツと蓄えを増やし経済的な安心感を得ている人たちが、経済的な幸福度が高い人たちだということです。 

身の丈を超える生活水準やハイリスクハイリターンの資産運用などは、絶え間ないストレスを生み出し、人生全体の幸福にはマイナス要因になります。 

年収や資産が少なくても、自分の収入と支出を自分で決めてコントロールし「何か欲しいものがあったら買えるし、やりたいことがあったらできる」と感じている人は幸福度が高いということです。 

そんな経済的幸福度の高い人たちは、お金の使い方も賢く、モノより体験に好んでお金を使います。また、自分のためだけでなく、誰かを喜ばせるためにお金を使います。 

年収別にみると、年収が200~250万円未満の人は、モノにお金を使っても経験にお金を使っても幸福度にさほど変わりはありません。 しかし年収がそれ以上の人はモノを買うよりも経験に出費した方が幸福度は2〜3倍に高くなるという結果が出ました。これは年収が多い人ほどその差は大きくなるようです。
モノを所有する欲求がある程度満たされて初めて、体験を通して得られる幸福度が高まるようなシフトが起こるのだと考えられます。

心身ともに健康で活き活きしている 

健康が幸せに必要不可欠であることは誰しもが認めることでしょう。 身体的な幸福には、健康に良い食事、定期的な運動、そして睡眠がとても大切だと言われます。

運動に関しては、ほんの20分の運動で1日中気分が良くなり、週2日以上運動している人は運動していない人に比べて圧倒的にストレスが少なく幸せな気分で生活しているのだそうです。

そして、定期的に運動することが習慣化している人は、運動する理由として、気分も見た目も良くなること、そして自分に自信が持てるようになることを挙げています。

地域社会に貢献している 

地域社会の幸福度が高い人は、自分の住んでいる地域社会が安全で文化的な場所であることに誇りをもち、そして自分に安心と喜びを与えてくれる地域社会に感謝し、何かしらの形で恩返ししようと地域貢献を行なっているんだそうです。 

そして、この地域社会への貢献が「いい人生(グッドライフ)」と「すばらしい人生(グレイトライフ)」の違いを創り出している可能性が高いといいます。 

人のために行動すれば自分の幸福度が向上します。そして、地域社会への貢献は自分ごとで身の丈に合っていて、その成果が体感しやすいというメリットもありそうです。

最後に

いかがでしたか?「幸せになりたい」「充実した人生を送りたい」と思ったら、まずここで紹介した5つの要素を見直してみることをオススメします。
本当に幸せになるためには5つの側面で成功する必要がある(少なくとも失敗しない)ということでした。

お金持ちがそれだけでは幸せになれない理由がこれで明らかになりましたね。
周りから見たらとっても恵まれているのに本人はあまり幸せそうじゃないという人は、きっとこれらのいずれかの要素が足りてないということでしょう。

繰り返しますが、これらの要素のうち1つだけ突出してうまくいっていても、残る4要素をないがしろにしていると「日々幸せを感じる生活」は手に入リません。

これらは世界中どんな国の人にも当てはまる要素だそうです。ここではそのさわり部分を一気に紹介しましたが、これだけでも「幸せとは何か?」について多くのヒントが含まれていると思います。

ここで紹介した内容についてもっと詳しく知りたい方は、この記事の参考図書「幸福の習慣/トム・ラス, ジム・ハーター 」を読んでみてください。