不惑
モチベーションアップの法則

40歳のことを「不惑(ふわく)」と呼ぶのはなぜ?

「不惑(ふわく)」とは40歳のことを指します。「私は40歳になって人生の方向性が定まり迷いもなくなった」という意味です。40歳とはそんな歳ですよ、という意味もありそうです。
中国の古典である「論語」の中の一節に「四十歳にして迷わず」と書かれていたことから来ています。これは、中国の思想家である孔子が晩年に振り返って言った言葉だとされています。

ちなみに、この論語に書かれているのは40歳についてだけではありません。 その他の人生で区切りになるような年齢についても書かれています。 

15歳・・・志学(しがく)
「吾、十有五にして学に志し(私は15歳で学問に志した) 」
30歳・・・而立(じりつ)
「三十にして立ち(30歳で自立した) 」
40歳・・・不惑(ふわく)
「四十にして惑わず(40歳で迷わなくなった) 」
50歳・・・知命(ちめい)
「五十にして天命を知る(50歳で天命を知った) 」
60歳・・・耳順(じじゅん)
「六十にして耳順(したが)う(60歳で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになった ) 」
70歳・・・「従心(じゅうしん)
「七十にして心の欲する所に従へども、矩(のり)を踰(こ)えず(70歳で思うままに生きても人の道から外れるようなことはなくなった)」

それぞれの年齢について、「私はその年齢の時こんな感じだったよ」と目安のようなものを示してくれている感じでしょうか。
つい自分と比べてしまいますね?
歴史的な大思想家と比べてどうだったでしょうか?

しかし、孔子ほどの人物でも、人格が成熟していくのにこれだけの年齢を重ねなければならなかったんですね。

この記事が気に入ったらいいね!で最新記事をお届けします。