知情意
モチベーションアップの法則

「知」「情」「意」人間の持つ3つの働きとは?

知情意とは?

人間には「知情意(ちじょうい)」という3つの働きがあり、私たちはそのバランスによって動いているといいます。
「知情意」とは、「知性」「感情」「意志」の3つのこと。もともとは哲学者カントが提唱した言葉です。 

「知性」とは、知識や思考といったものを活用すること。頭を使うということです。
「感情」とは、喜びや悲しみや怒りなどのこと。心で感じるということです。
「意志」とは、意欲や精神力のこと。決断するということです。 

スポンサーリンク

知情意の関係性

3つの関係性をもう少し見てみましょう。 

知性、つまり必要な知識を得てそれを活用したり、物事を考えたりする能力が大切であることは言うまでもありません。通常は賢い人の方が効果的に物事を動かしていけるはずです。 

しかし、「知」だけあれば良いかというとそうではありません。
そこに「情」というものが上手く加わらないと、「知」の能力も十分に発揮されません。
例えば「知」ばかり優っていて「情」の薄い人は、自分の利益ばかりを追求して、他人のことをないがしろにするかもしれません。

そうならないために必要なのが「情」です。
自分の感情も人の感情も大事にする感覚です。

しかし「情」にも欠点があります。それは瞬間的に湧き上がりやすく、そこに飲み込まれやすいということ。
特に、人の喜び、怒り、悲しみ、楽しみ、愛しさ、憎しみ、欲望といった7つの感情は飲み込まれやすいと言われ、心の他の箇所を使ってこれらをコントロールしていかなければ、極端に突っ走っって問題を起こすなんてことにもなりかねません。 

そこで「意(意志)」というものが必要になってくるわけです。
意志の力で感情をコントロールするということです。感情が暴れ馬のように暴れ出したらそれを制御するのです。

もちろん、「意志」ばかり強くて、「知」や「情」が足りなければ、人の意見に耳も貸さずに自分の主張ばかり押し通すような頑固者になってしまいます。

このように人間の持つ3つの働きは相互に関係しあっており、バランスをとることで力を発揮することができるようになります。

夏目漱石による知情意

夏目漱石もこの3つの働きについて、『草枕』の冒頭で次のように書いています。「知情意」という3つの働きについてもしっかりと押さえている点に注目してみてください。

「山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。 知に働けば角が立つ、情に棹(さお)させば流される。 意地を通せば窮屈だ。 とにかく人の世は住みにくい。」

さすが惹きつけられる名文です。
ところでこの文章、裏を返せば「知情意の3つのバランスさえちゃんと取れば、たぶん人の世は住みやすい」と読むこともできます。 

松下幸之助が語る知情意

パナソニック創業者の松下幸之助もこの知情意のバランスについて次のように発言しています。 

この知情意は、人間が人間としての働きを高めていく上に置いて非常に大事な枢軸であります。すなわち、知情意の調和を図り、かつ高めていくことが、人間性を向上させることになると思うのであります。
日常生活を省みても、知情意の不調和からいかに面倒な問題と無用な闘争、損失を引き起こしていることでしょう。
友人同士の間で、「お前はどうも情が薄い」とか、「君は知はあるが意志が弱い」などとよく言い交わすことがあります。
この言葉は、知情意の調和を心がけなければならないことを意味しています。

人間性を向上させるとは、「知」「情」「意」の調和を図り、それらを高めていくということだと言っています。また、その不調和が多くの問題や損失を引き起こすとも言っています。

「知」「情」「意」を、それぞれ「賢さ」と「優しさ」と「強さ」と置き換えると、さらに理解しやすくなるかもしれません。
「強くて優しくて賢い」、人間として目指したい姿です。

足りない部分を補ってバランスを整える

松下幸之助の言葉にもあったように、物事がうまく運んでいない時は、この3つのいずれかが欠けているのかもしれません。 知識が足りない、優しさが足りない、意志が欠けている、いずれかです。 

そんな時は、自分にとって足りてない要素を補って知情意のバランスを整えてあげることで問題が解決する可能性があります。
ちょっとしたことですが、「知性」と「感情」と「意志」の3つのバランスを取ることはとてもパワルフで、それによって物事が大きく動くことがあります。
覚えておけばきっと役に立つはずです。

この記事が気に入ったらいいね!で最新記事をお届けします。