トコロをうる
モチベーションアップの法則

トコロを得る

人間は社会的な生き物です。孤独の中に本当の生きがいを見出すことはできません。
やっぱり、何らかの形で人(社会)と関わっていかなくてはいけないのです。

そして、人間誰しも「自分を受け入れてくれる場所(人)」が必要ですし、できればそこで(その人に)「認められる存在でありたい」と心から願っているはずです。

ですが、残念なことにそういった場所を持てている人は案外少ないように思われます。

「どこにも自分を受け入れてくれる場所がない」「誰も自分のことを認めてくれない」「自分の力を発揮できる場所がない」、そう感じている人は少なくないのかもしれません。

サードプレイス(第三の居場所)

そんな中で生まれたのが「サードプレイス」という言葉です。
これは、「自宅(ファーストプレイス)や職場・学校(セカンドプレイス)ではない第三の居場所」という言葉です。

家庭や職場でそうした満足できる居場所を得られない場合、離婚したり転職して新たな居場所を求める方法もありますが、それは簡単ではないので第三の居場所を見出そうという動きです。

多くの人がこのサードプレイスを必要としているということは、それだけ自宅や職場・学校に自分の居場所がない、情熱がわかない、楽しくないなどと感じている人が多いという証拠でもあります。

多くの人が、より自分が輝ける場所を求めているということです。

居場所があれば輝ける

この記事のテーマである「トコロをうる」とは、「自分が力を発揮できる居場所を得る」ということであり、「居場所(トコロ)」が得られればモチベーションは自然と上がっていきます。

つまり、こんな流れです。
「ところをうる→力を発揮する→自他共に承認→セルフイメージが上がる→モチベーションが上がる」

自分と価値観が合い居心地の良いコミュニティに属する

では、自分の居場所とはどこにあるのでしょう?

あなたはこれまで数々のコミュニティに属してきたはずです。家族、学校のクラス、クラブ活動、仲良しグループ、会社、部署、チーム、趣味のサークル・・・。

その中には、自分と価値観の合ったコミュニティもあれば、価値観が合わず違和感を感じていたグループもあったのではないでしょうか。

いわゆるアキバ系と言われる人たちが秋葉原に集まるのも、価値観が合っていて居心地が良いから集まるのでしょうし、セレブといわれる人達はセレブ同士でどこかで集まっているのでしょう。

いずれにしても、我々は自分が属するコミュニティを自ら選ぶことができます
家族は選べないかもしれませんが、その他は全て自分で選択することが可能です。

自分で選べるんですから、自分の価値観に合っていて、自分にとって居心地の良いコミュニティを探しましょう。
そして積極的に関わっていってみましょう。

そうしたコミュニティに属することはモチベーションのアップにも大きな影響を与えます。

先ほども書きましたが、やはり人間は社会的な生き物ですから、どういったコミュニティに属する、またはどういったコミュニティに関わるかは、その人のモチベーションに大きな影響をもたらします。

自分の力を発揮できるトコロ

自信やモチベーション、自己肯定感といったものに関して言うと、自分の絶対的な位置よりも相対的な位置のほうがものをいうことが多いと言われます。
つまり、他者との比較の中で優位であるかということです。

「自分は人より優れている」「やれている」と思えれば、セルフイメージも上がり、モチベーションも上がるというわけです。

確かに「自分は周りの人たちより劣っている」と思っていたら、セルフイメージもモチベーションも下がりっぱなしです。

何か一つの領域でもいいですから、そこのコミュニティで「自分はイケてる」と思える領域を持つことです。
または「それが持てるコミュニティ」を探すことです。

これがあれば自分の存在価値を認めることができ、それがモチベーションにつながっていきます。

ある実験では、一流大学で成績が普通の学生より、二流大学で成績が上位の学生の方が研究論文を多く出すというものがありました。つまり、モチベーションという点では他者との比較で優位に立てているかどうか、自分の相対的な位置がモチベーションに大きく影響するということです。

トコロをうるということ

おそらく生まれて最初に属するのは家族というグループだと思います。そこで子供のあなたは家族の価値観をあるがまま受け入れるため、価値観の相違はありません。そして、あなたは無条件に愛される存在であるために、生き生きと充実した毎日を過ごしていたはずです。

また、例えば引きこもりの若者たちが集まる施設では、同じ悩みを共有できる者たちが集まりコミュニティを作ることで、徐々に社会へと復帰していきます。その過程では、引きこもりだった若者たちの中からリーダーが現れ、皆で力を合わせて新しく来た若者の面倒を見ていきます。

「自らの価値観と合う集団に属し、その中で必要とされる存在になる」ということは、まさに「トコロをうる」ことであり、それによりあなたの魂は生気を増し充実した毎日を送ることができるようになるはずです。

↑top