メラビアンの法則
モチベーションアップの法則

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは?

人がコミュニケーションを取るときには、その話の内容だけでなく、表情やしぐさ、声のトーンや大きさなどからも情報を得ています。
その中で重要視されるのは何か?という研究をしたのが、アメリカの心理学者アルバート・メラビアン。そのメラビアンが提唱したのが「メラビアンの法則」です。 

それによると、人がコミュニケーションで重視する割合は、「見た目/表情/しぐさ/視線など」の視覚情報が55% 、「声のトーン/話す速さ/声の大きさ/口調など」の聴覚情報が38%、「話の内容など」の言語情報が7%だと言われています。

視覚情報(Visual: 55%):見た目・表情・しぐさ・視線など
聴覚情報(Vocal:38%):声のトーン・速さ・大きさ・口調など
言語情報(Verbal:7%):話の内容など

スポンサーリンク

非言語コミュニケーションが大事

メラビアンの法則からわかることは、コミュニケーションは言語情報だけでなく、非言語情報も非常に大事なのだということ。 「何を言うか」も大事ですが、それを「どう言うか」「どういう態度で存在するか」ということはもっと大事なんだと気づかせてくれます。何せ「話の内容」から人が受け取るものは7%しか無いわけですから。

「良いことを言っているのになぜか伝わらない人」がいる一方、「大したこと言ってないのに妙に説得力のある人」も存在します。これはその辺りのことが影響しているのかもしれません。

例えば、政治家が選挙で我々に伝えようとしているのは、「政策(何をやるのか)」ではなく「イメージ(印象)」です。
「なんだか必死さが伝わってきて応援したくなっちゃったわ〜」と思ってもらうことが彼らの目的です。

有権者が「話の内容」より「イメージ(視覚や聴覚から入ってくる情報)」をより重視していることを知っているのです。だから、選挙戦終盤になると、あえてビールケースの上に乗って声を枯らして涙ながらに演説するわけです。

事実、淡々と正論を語られても我々の心は動きません。 理屈じゃなく感情に訴えてくるものに我々は動かされるのです。

メッセージを強く伝える方法

人に何かを伝えたい時には、この「メラビアンの法則」を思い出すと役に立ちます。 メラビアンの法則にある「3V」(Verbal:言語情報・Vocal:聴覚情報・Visual:視覚情報)を一致させることによって、メッセージは強く人々に伝わるようになります。
言葉だけでなく、表情や態度、話し方も総動員して相手にメッセージを伝えましょう。

アナウンサーのように流暢に話す必要はありません。不器用でぎこちない方がむしろ心に響くことがあります。

コミュニケーションに嘘があると信頼を失う

注意すべきは、この「3V」がバラバラになることです。そうなると、人は違和感を感じます。例えば、「元気いっぱい頑張ります!」と言っているのに、どことなく声が沈んでいたらどう感じるでしょう?「あなたのことが心配なの」と言いながら、どこか声が弾んでいたら?

そのコミュニケーションに違和感を感じ、その真意を確かめたくなるはずです。そしてそれが思いやりや気遣いから来るものでなく、あなたを欺いたりコントロールするためのものであれば、その人に対する信頼を失うことになるでしょう。

コミュニケーションに嘘があると信頼関係は損なわれてしまいます。どうも信用できない人というのは、この「3V」に違和感がある人ということなのかもしれません。